相続問題は生前に解決しておくのが理想です。

相続問題でもめるケースは少なくありません。
たった1軒の家のためにきょうだいが大変な争いを繰り広げる・・・といったサスペンスドラマのようなことも現実にあり得るのです。
うちには財産がそれほどないからと軽く考えていると、いざ相続するときに大変なトラブルが起こってしまうことになりかねません。

そこで、法律のプロに相談することをおすすめします。
相続は財産をお持ちの方がご存命のうちに済ませておくことが大切です。
相続が開始する前に生前贈与、事業承継などを完了しておくことで、親族皆さんの不安感が解消されるでしょう。

品川区で相続問題について相談するなら、東京相続相談所がおすすめです。
東京相続相談所は、法律の専門家である税理士が相続および贈与の問題への情報提供・助言を行っています。
税理士は民法のもとに第三者の立場で見て公平な判断をしているので、血縁者同士で争うことを避けられるでしょう。
また、生前に遺言書などの正式な書類を作成することで遺産争いが起こるのを防ぐことができます。

東京相続相談所の相続問題については⇒こちらのWebサイトをご覧ください。

東京相続相談所はホームページから見積依頼が可能です。
土日や平日の夜でも相続の相談ができますので、まずは無料見積からお申し込みください。

相続税対策は専門家に相談してみよう

家族の誰かが亡くなり遺産相続が発生すると、相続税の問題が出てきます。
相続税は必ず発生するものではなく、ある一定の金額を超える財産を相続した場合に対象となります。これまで相続税は一部のお金持ちにかかる税金だと思われてきました。

しかし、平成27年より相続税が増税になり、対象となる人が増えます。そのため、今まで自分には関係がないと思っていた方にとっても相続税対策は必要になってくると思います。

相続税対策として考えられることは、相続人を増やす、生前贈与を行っておく、財産の評価額を下げるといったことです。相続税を減らすためにこれらのことは良く行われています。ただ素人がにわか知識で行って上手くいく方法でないため必ず専門家に相談して決めてみることです。下手な対策は逆に税金額を増やすことにつながってしまうおそれもあります。

相続税は生前に対策を行っておくと減らすことができます。相続税対策を行うためにも早めに税理士の力を借りることをオススメします。

税金の専門家と言えばやはり税理士になりますが、相続税は税理士の中でも得意・不得意が大きく分かれる分野です。
相続税対策で税理士に相談する際には、相続専門の税理士にお願いする方が安心です。